未婚での出産、覚悟!

今から3年前、未婚で子供を出産しました。出産直前まで子供の父親と籍のことでもめて、結局は入籍をしない状態で出産しました。

出産後も出生届を出すまでに入籍をするか悩み、子供の父親と話をつめましたが私は未婚で子供の出生届を出すことにしました。

出生届を提出に市役所に行くと、市役所の職員が私のことをかわいそうと言うような態度で見ているのがとても感じられました。未だに田舎では、未婚で子供を産んだとなると好奇の目で見られてしまうのを身をもって体験しました。

私自身は、自分で選んだ道と自信を持っていましたが、平等であって欲しい市役所職員にそう見られたのが悲しかったです。宅配ボックス

出生届の提出期限の日。Uちゃんが生まれて二週間、あっという間だね。名前は、おじいちゃんがママの名前から一文字とって決めてくれたんだよ。

ママがいいなって思っていた名前と同じだったからすぐに決まったね。お名前を気に言ってくれるかな?大切にしてくれるかな?

結局、入籍もせず子供(Uちゃん)は私の籍に入れることになった。

きっと市役所で色々聞かれるんだろうな、何か特別な手続きとかあるのかな?と思いながら出生届やその他の手続きに市役所に行くと、市役所の職員の態度は好奇心だらけでとても嫌な気持ちになった。

「お父さんは、どうしましたか?おひとりですか?入籍とか今後の予定は?養育費は貰えそうですか?」と今一番私が気にしていることを次々と聞いてきた。

最も嫌なことを言ってきた職員は、子供福祉課と言う児童手当や保育園等、子供に関する全般を処理する部署の職員が「好き勝手やってできたから子供を生んで、でも結婚しないから手当を貰おうなんて勝手すぎますよね?」と言ってきた。

こっちの事情も知らないで勝手なのはどっち?私は次第に未婚でシングルマザーは悪い人?悪いことをしている?と言われているような気持ちになりとても悔しくて泣きそうになった。

でも私は、堂々としていようと決めたので負けずにその場はやり過ごした。この人に関してはいつか市役所にクレームをだしてやるつもり!私は、間違ってない。

市役所の対応・言われた事が悔しかったけど、Uちゃんの顔を見たらそんなことは吹っ飛んだ。「言いたい人は言えばいい、この子は誰よりも幸せにするから!」と改めて心に決めた。

でも夜中に目が覚めた時、思い出してしまいやっぱり泣いてしまう。「泣くのは今だけにしよう、私には大切な宝物がいるんだから泣いてたらUちゃんも嫌だろうからね。」と何度も自分に言い聞かせて泣き疲れて子供のように寝てしまった。