妻が行っている貯金方法

妻はパートや在宅ワークなどをおこなって自分の家計を助けてくれております。その収入で子供の教育費や将来に向けての貯金をおこなってくれております。

しかし、妻も私も若干意識にかけてしまうところがあり、今月はここまでといった限度額を超えてしまうことがあり、思うように貯金をすることができなかったことがあります。

それで妻が考案をして、実践をしてるのが、貯金箱です。それは誰もが思いつくことであり、あまり工夫がないのではと思う人もいるかもしれませんが、妻が購入をしたのは特殊な貯金箱です。

約20000円ほどする貯金箱であり、ハンマーなどでもたたき割ることはできません。開錠をするときは業者にお願いをするしかありません。そういった専門業者にお願いをして、貯金箱を購入させていただきました。

貯金箱というよりは、金庫といった表現のほうが近いと思います。ここまでお金と時間をかけて、毎月500円の貯金を適度に行っております。

これではあけるのが、もったいないので、意思が弱い自分たちでも、継続をして貯金を行うことができております。これが5年前の話しとなります。現在ではどれくらい貯金ができているかほんとうに楽しみです。

これはあまり、思いつかない方法だと思います。茨城離婚相談

現在の保険屋では保険以外にも自分の将来のために貯金をおこなう個人年金といったものがあります。これは設定はいつでもできますが自分たちは定年を迎えた60歳に設定をしております。

この年齢になって初めて年金を受け取ることができるようになっております。

これは貯金というのもありますが、自分たちが実際に年金を受け取ることができるようになるのでは70歳、もしくはほんとうに受け取ることができるのかわかりせん。

それで個人で年金として、たくわえをしておけば、100㌫受け取ることが可能となります。それで一度契約をしてしまうと、次にすぐに解約というのは人によってかわりますが、基本的には解約はしにくいと思います。

その心理を利用して、妻は継続をして個人年金をおこなっております。これら二つが妻が自分たち家族のために、力を入れてくれて、現在でも継続をして行っている貯金となります。最後の方法を紹介したいと思います。

これは自分は人にはおすすめをする気にはなりませんが、使い方次第では将来自分に大きな見返りを与えてくれます。

FXは通貨売買をおこなうことにより、変動によってその差額で利益を得るという投資です。これは変動の結果によっては損害を招くこともあり、大きなしっぺ返しをもらうことになりかねません。

貯金とはいいきにくいですが、妻の場合はこちらのFXの口座に30万円を預けて、後は一切追加をしないようにしております。

FXには高金利の通貨があり、ニュージーランドの通過であれば、3000円で一口購入をすることができて、毎日約50円の金利をもらうことができます。

FX用語でいうのであればスワップポイントというものです。妻はこれを30口、90000円分購入をして、毎日150円の金利をもらっております。

後の差額は変動に対して、ロスカットが発生をしないための供えです。2010年にサムプライズローン問題が発生をしましたが、その対策としてロスカットが装備をされました。

このシステムが発動をしなければ、赤字となっても将来回復することを見込んで、取引を継続させることができます。

将来は大きな利益をもたらしてくれるかもしれませんが、最悪の場合はなくなってもいいという貯金です。