最近のマンションブームについて

最近、都心マンションの価格がどんどん上昇しているとよく耳にする。

特にタワーマンションの上層階などは富裕層の方や海外の投資家などにより、高額で売買が行われているとのことだ。

しかし、一方では新築マンションは上昇し過ぎて、頭打ちといった話も聞いている。

確かに、一般的な間取りの分譲マンションであれば、その購入者は実際にそこに居住することを目的とするサラリーマン等が中心となるのだから、

価格が上がり過ぎてしまえば実需層の多くが購入できなくなってしまうので、おのずとマンション価格が高止まりするのも頷る話である。

この価格の高止まりの状態が続いていることから、
新築マンションだけでなく中古マンションも購入対象として検討する方も増えているようだ。

中古マンションであれば、新築でないことだけを受け入れれば、立地などお得感の高い物件を購入することができるようにも思われる。太るためのサプリ

きっと少し前まではそうだったのであろう。

しかし、今では中古マンション市場も大変な盛り上がりを見せてきている。
数年前に購入したマンションが新築時よりも高くなっているという話もある。

では、全ての中古マンションがそのような状況なのだろうか。

いくらマンションブームとはいっても全ての中古マンションが、驚くような値上がりを見せている訳ではないようだ。

やはり、値上がりの大きなマンションは、そもそもマンションの立地が優れていることが欠かせないという。

駅に近かったり、住環境が優れていたり、住所自体にネームバリューがあったりなどが必要なのだという。

次にマンション自体に安心感があること。
分かり易いところでは、大手が建設したマンションであると価格は上がり易いらしい。
やはり大手のマンション開発業者で建てられたマンションは、アフターフォローも含め安心感があるということが理由のようだ。

このマンションブームはまだまだ続きそうである。