新築の外溝工事について!

お家造りで悩みに悩んで数ヵ月仕様決めで費やした労力を、建築が始まると外溝工事についても考えないといけません。
私達はお家の外観にあまりこだわらなかったので、外溝についてもそこまでのこだわりはありませんでした。
先ず外溝工事業者は数社から土地が更地の時にプランニングして頂き、見積もりを出してもらいました。
外溝工事にかけれる予算内でどれだけ出来るのか?
外溝工事での絶対条件はリビング横の吐き出し窓から出れるウッドデッキでした。
それ以外は特に…何も思い付かなかったのが正直なところです。
施工会社によって得意分野も違うのでプランを並べて見るのもけっこう楽しかったです。
私達が決めた会社はウッドデッキやウッドフェンスを得意分野とする外溝業者さんでした。
ウッドデッキとルーバーフェンスはアイアンウッドを仕様し、とても耐久性に優れてる木材だそぉです。
そしてアプローチはデザインコンクリート+アンティークレンガを使用した花壇を造ってもらいました。
お家の周りには砂じゃ利をひいてもらいました。
ただ住みだしてからの事も考えていたつもりだったのですが、実際に自分達の性格を考えきれてなかったのかと思います。
それは、お家の周りに土のスペースを残しといて後々自分達で外溝を成長させると言うことです。
実際に住みだしてから花壇でお花を世話したり家庭菜園が楽しくて楽しくて仕方ない日々が続いてます。
砂じゃ利やカラーストーンを掘り起こして、新たに土を入れて、横に這うように育つ草花などを入れて成長させたり楽しんでます。
なのでお家の周りに防犯として砂じゃ利を入れましたが、今考え直すと土のままで自分達で少しづつ成長させるのも楽しかったかな?
って思ってます。出会いたい
またもっともっと追及すると、お家の駐車スペースやアプローチも土のままで自分達でレンガをひいたり、枕木を入れたりしても楽しかったな!と感じてます。
これから造られる方も沢山考えて良いお家を造ってほしいです。