日常生活」カテゴリーアーカイブ

賃貸の集合住宅の折り合い

しばらく住んでいた賃貸の上の階に若い騒がしいカップルが引っ越してきて、初日からドカン!ドカン!

と大きな音がしていて、引っ越しでものが運んでいるのかな?小学校プログラミング

と思っていまのですが、一週間以上たってもドカン!ドカン!と大きな音と、昼間に硬い鍵などの金属のものを落とす大きな音が15分ごとに聞こえてきたり、挙げ句の果てに、夜中の2時に部屋でバタバタ騒ぎ始め、外にでて表でギャーギャー騒いでいました。

カップルだからか、どちからが家にいて常に騒音を立てている様でした。昼もその変なものを落とす音がして、どっしん、どっしん!と床が抜けるくらい大きな音を立てて歩き、夜中の2時になってもかなり騒いでいる声がして、多分、階下の家だけでなく隣近所にも迷惑なくらいガタガタするのを毎日のようにしていました。朝4時くらいの明け方…ずっとうるさくて寝付けませんでした…うとうとし始めると、どんっ!!と大きな音をだしてくるので、眠れず、ずっと起こされている感じでした。

たまりかねて引っ越した先は運悪く道路近くの賃貸で、鉄筋だからと引っ越したのに、トラックが通るたびに家がガタガタと揺れる始末で、ここの上の階の住民も騒音をだす家の様で、夜中の11時30分ぐらいになると子供が走り回る音がしつこく一時間くらい続きました。

そして大人の住民もやはり歩く音が大きくノッシノッシと歩いていて、昼間でも大きな家具をガンガン動かす音がするので、引っ越すのかと思ったのですが、この大きな音がその家の日常の様で、家具を動かす様なズゴゴ…という音や部屋をぐるぐる歩きまわってからダイニングの木らしき椅子をゴゴ…と引いてすわって五分後にまた部屋を歩き回り、また木の椅子をゴゴ…を本当に夕方すぎるくらいまで繰り返すので、しばらく騒音に悩まされています…。

集合住宅には仕方ないのかも知れませんが、あまりにも周りの家に配慮をしていないので、もうげんなりです。

新築の外溝工事について!

お家造りで悩みに悩んで数ヵ月仕様決めで費やした労力を、建築が始まると外溝工事についても考えないといけません。
私達はお家の外観にあまりこだわらなかったので、外溝についてもそこまでのこだわりはありませんでした。
先ず外溝工事業者は数社から土地が更地の時にプランニングして頂き、見積もりを出してもらいました。
外溝工事にかけれる予算内でどれだけ出来るのか?
外溝工事での絶対条件はリビング横の吐き出し窓から出れるウッドデッキでした。
それ以外は特に…何も思い付かなかったのが正直なところです。
施工会社によって得意分野も違うのでプランを並べて見るのもけっこう楽しかったです。
私達が決めた会社はウッドデッキやウッドフェンスを得意分野とする外溝業者さんでした。
ウッドデッキとルーバーフェンスはアイアンウッドを仕様し、とても耐久性に優れてる木材だそぉです。
そしてアプローチはデザインコンクリート+アンティークレンガを使用した花壇を造ってもらいました。
お家の周りには砂じゃ利をひいてもらいました。
ただ住みだしてからの事も考えていたつもりだったのですが、実際に自分達の性格を考えきれてなかったのかと思います。
それは、お家の周りに土のスペースを残しといて後々自分達で外溝を成長させると言うことです。
実際に住みだしてから花壇でお花を世話したり家庭菜園が楽しくて楽しくて仕方ない日々が続いてます。
砂じゃ利やカラーストーンを掘り起こして、新たに土を入れて、横に這うように育つ草花などを入れて成長させたり楽しんでます。
なのでお家の周りに防犯として砂じゃ利を入れましたが、今考え直すと土のままで自分達で少しづつ成長させるのも楽しかったかな?
って思ってます。出会いたい
またもっともっと追及すると、お家の駐車スペースやアプローチも土のままで自分達でレンガをひいたり、枕木を入れたりしても楽しかったな!と感じてます。
これから造られる方も沢山考えて良いお家を造ってほしいです。

年齢とともに変わる住みやすい家

最近両親が新しい家を探してるようだ。昔は階段で四階のアパートに住んでいた。私が小さい頃で、思い出すとなつかしい。階段は大変だったけど、今思うといい運動で健康維持によかったのではと思う。

阪神淡路大震災のあと、すぐ近所に新築分譲マンションが出来たのでそこに引っ越しした。アパートとは何もかも違う。まずエレベーター、お米とか重たいものも楽だ。

部屋の数も増えた。洗面台がちゃんとある。洗濯はベランダまたはカワック付きの風呂場に干せる。雨の日すごく助かる。子供の成長

何よりも自分の部屋が出来たこと。そして、動物が大好きなので初めて猫を飼うようになったことがうれしかった。

マンションには男性の管理人がいて、私はあまり話したことはなかったが、母さんいわく優しいいい人だった。今は代わって女性の管理人になった。その人も優しい人らしい。管理人が不在でもオートロックなので安心だ。

そして、成長した私や兄弟は結婚し、今はマンションに両親と猫だけになった。

 

両親と猫だけになると、今のマンションだと広すぎるようだ。部屋が余ってしまい、また歳をとると掃除機をかけるのも大変なようで猫もほとんどリビングにいるらしい。

たまにポストに不動産のチラシが入っていて見てるそうだ。マンションや一軒家、新築も中古もあるみたい。でもどれも二人と猫では広いようだ。両親の話を聞いて、インターネットや、雑誌などで探してみた。

いくつかいいなと思う物件があったのだが、ペットがダメとかちょっと希望する土地から離れてしまったり、なかなか見つからなかった。そこで、ある不動産会社に連絡していい物件がないか探してもらうことにした。

ペットが大丈夫でエレベーター付きのマンション、2LDKあたりで近くに駐車場がある所。他にも欲を言えば近くにスーパーがあるとかあるが、あまり言ってしまうと物件が見つからないような気がして言えなかった。

翌日、不動産会社から連絡があり、数件資料を見せてもらった。素人が探すよりプロの方がやはり速い。

結局まだ引っ越しはしていないが出来るだけ妥協せずにいい家を見つけてあげたいと思う。

始めたばかりのマイホーム探し

一昨日マイホムー探しのために不動産屋を訪れました。

マイホームを持つことが夢だったので、ずっと買いたい買いたいと言っていたものの、まずは何から初めていいのかもわからずずるずると何もしないまま月日が流れていきました。
そんなある日、家のすぐ近くに集合住宅が建設されているのを発見し、この家に住んでみたいと思ったのが行動のきっかけでした。

今住んでいる賃貸の周辺の土地が気に入り、その近くで家を探したいと思っていたのでその集合住宅を見に行ってみることにしました。

そこに置いてあるチラシを取って見学の予約を入れてみました。質の良い眠り

当日現地に行くと愛想の良いお兄さん2人が迎えてくれたのですが、私が気になっていた物件は予算を超えていたので予算圏内の物件をいくつか紹介して頂けることになったのです。

まずは中古物件から。そんなに築年数が長いわけではないけれど、やはり新品感はありません。
ただ中に入ってみると、部屋数はかなり多く壁紙などもきちんと貼り替えられているのできれいでした。

次に行ったのは建売の新築物件。内装・外装共にいかにも最近風という感じで、おしゃれです。
ロフトもあって収納スペースも抜群でした。

ただ、趣味じゃない色の壁紙が貼ってあったりと気になる点もチラホラ・・・
次に見に行ったのは何も建っていない土地でした。

購入すると、2番目に行ったような家を選択しの中から色々選んで好きにカスタマイズして建てられるというものでした。
そんなの・・・値段も2番目に行ったところと変わらないんだったら絶対に自分の好きなようにできる方が良いですよね!
気持ちは完全にそってに傾きます。

行ったん不動産屋へ戻ってローンのお話などを色々聞き、いったん持ち帰ることにしました。
大きい買い物ですので、すぐに決めることはできませんが、他に希望者が現れたらおしまい・・
キープなんてものはないのでかなり難しいです。
来週も新築めぐりです、頑張ります。

最近のマンションブームについて

最近、都心マンションの価格がどんどん上昇しているとよく耳にする。

特にタワーマンションの上層階などは富裕層の方や海外の投資家などにより、高額で売買が行われているとのことだ。

しかし、一方では新築マンションは上昇し過ぎて、頭打ちといった話も聞いている。

確かに、一般的な間取りの分譲マンションであれば、その購入者は実際にそこに居住することを目的とするサラリーマン等が中心となるのだから、

価格が上がり過ぎてしまえば実需層の多くが購入できなくなってしまうので、おのずとマンション価格が高止まりするのも頷る話である。

この価格の高止まりの状態が続いていることから、
新築マンションだけでなく中古マンションも購入対象として検討する方も増えているようだ。

中古マンションであれば、新築でないことだけを受け入れれば、立地などお得感の高い物件を購入することができるようにも思われる。太るためのサプリ

きっと少し前まではそうだったのであろう。

しかし、今では中古マンション市場も大変な盛り上がりを見せてきている。
数年前に購入したマンションが新築時よりも高くなっているという話もある。

では、全ての中古マンションがそのような状況なのだろうか。

いくらマンションブームとはいっても全ての中古マンションが、驚くような値上がりを見せている訳ではないようだ。

やはり、値上がりの大きなマンションは、そもそもマンションの立地が優れていることが欠かせないという。

駅に近かったり、住環境が優れていたり、住所自体にネームバリューがあったりなどが必要なのだという。

次にマンション自体に安心感があること。
分かり易いところでは、大手が建設したマンションであると価格は上がり易いらしい。
やはり大手のマンション開発業者で建てられたマンションは、アフターフォローも含め安心感があるということが理由のようだ。

このマンションブームはまだまだ続きそうである。

1ヶ月のマンスリィマンション生活体験から終の住処を考える!

マンションは機密性があることから、私は、どちらかというと苦手でした。

私達の時代は、住居としての鉄筋の建物といったら団地位で、マンションそのものを居住空間とするケースは余りなかったため、両親も家を借りる折にも、木造一戸建てにこだわりました。

そういうわけで、私は家を借りるにしても、二軒長屋、ないしは一戸建てでした。結婚した当初、僅かな間だけアパート暮らしを体験しましたが、それも木造の二階建てアパートでした。

親の家は一戸建てでしたし、自分たちで購入した家は中古住宅でしたし、マンションというものに住んだことはなかったのです。むだ毛処理

マンションを体験したのは、通信教育でスクーリングする時、生まれてはじめてマンスリーマンションを借りました。ちょうど1ヶ月近くの夏季スクーリングがあったので、その単位を取るために賃貸契約を結びました。

場所は宝塚市の山本という場所でしたが、高台にあり緑豊かな居心地のいいマンションでした。1ヶ月80.000円位だったので、ホテルより割安でした。

それに、ベットや布団、冷蔵庫、お湯ポット、テレビ、電子レンジなども付いているので、手ぶらで出かけられます。

キッチン付きなので、煮炊きもできます。電気調理器も設置されているので、料理も作れるのです。ただ、後の掃除が面倒だったので、私は、調理は、電子レンジ活用で乗り切りました。

それでも、流しもついているので新鮮な野菜や果物も洗浄して食べることができます。それも、キッチン付きだからです。

外食より食費も節約できますし、栄養のバランスも考慮できます。また、マンスリィマンションは、各地に建設されていますから、ホテルより大学に近く便利でした。

ゴミの出す日には、定期的に巡回する管理人が管理してくれましたし、洗濯機もついていますから、洗濯も気軽にでき、とにかく便利でした。

ただ、どういうわけか、掃除機はついていなかったので、退室の折に、清掃に苦労しましたが…。

私が借りたマンスリーマンションは4階建て位ですから、低層の部類でした。ですから、何とか一ヶ月暮せたのかもしれません。

ただ、年々年齢を重ねますと、一戸建て住宅では植木の手入れが行き届かなかったり、外壁の手入れとかにも経費もかかるようにもなると、終の住処として一戸建ては、管理しきれるだろうかと考えてしまいます。

最終的には、マンションも有りかもと揺れ初めているこの頃です。

不動産投資でお金を稼ぎたい件

不動産に対する世間の人々のイメージは,おそらく,「一生に一度の買い物」といったものではないでしょうか。

しかし,不動産は他人に貸すことで,自分の仕事とは別の収入を得る手段になりえると私は思うのです。現に世の中には不動産投資の本が多くあり,手軽に不動産投資ができる,リートなるものまで登場しています。

私は今は,ただのいちフリーターでしかありませんが,不動産投資で財を成したいと考えています。

そもそも,私が,不動産投資に興味を持ったのは,母が所有する3軒の不動産でした。

私の母は,持ち家思想が強く,離婚や,引越しのたびにローンで住宅を購入し,今では,ローンは完済されていないものの,3軒の住宅を所有するオーナーです。

ローンの返済に苦しむ母を助けたいとの想いから,私は母が所有している誰も住んでない家を,誰かに貸す方法はないかと,不動産の本を読み漁りました。

残念ながら,まだ,借主との成約にまでは結びついてはいませんが,行動を始めています。

そして,母のためにと思ってはじめた不動産が,今では私の夢になりました。まずは,母の所有する家を他人に貸してそこから,私の不動産投資家としての道をスタートさせたく思います。

家族も皆,応援してくれているので,期待に沿えるよう努めます。手汗がひどい

私の勉強したところによりますと,不動産投資で成功するための方法は,その不動産を実際の価値よりも安く取得することです。

当たり前のことではありますが,やはり,人間は感情の生き物で,常に論理的・合理的に行動できるわけではありません。

そうした不合理な行動の例は,過去をさかのぼればいくらでも出てきます。しかも,プロと呼ばれる人たちでさえ,その不合理さから逃れることはできません。

私は不動産投資の素人で,確かに不安はありますが,素人の強みを生かして不動産投資を成功させたいです。

また最近注目しているのが、民泊ビジネスです。世界的にエアビーアンドビーが有名ですが、簡単に言うと投資物件を通常の賃貸ではなく、旅行者などに宿泊施設として貸し出すサービスです。

このエアビーアンドビーは多くの優れたサービスを提供していますので、不動産投資の新しい形として不動産投資家に非常に人気があります。

友達がちょっと変わったマンションに引っ越し

友達がちょっと変わったマンションに引っ越したようです。なんかリノベーションっていうんでしたっけ。改装するマンションです。

部屋が面白いデザインになってすごいなあと思います。今はいろんなマンションがあるんですね。時代は変わったなあと思います。1年の妊活

ほかにもルームシェアとかシェアハウスなんかも面白そうですね。コミュニケーション能力が問われそうですが、人の目があったほうが規則正しく生活できそうではあります。

人生で一度くらいチャレンジしてみたいですが、人見知りなので怖くもあります。でも家賃が軽く済むのはうらやましいなあと思います。

こういう「自分が住むとしたら」という妄想をするのが楽しくてたまらないです。これが不動産を見るときの面白さですね。友達には変な趣味だと笑われましたが。

見知らぬ部屋で暮らしている自分を想像するのが楽しいんですよ!

マンションというと、実は私が今のマンションを決めたときはあんまり不動産屋さんを見て回らずに決めてしまったのでちょっと後悔してます。

もう少しいろんなところを回って決めればよかったです。今の部屋に不満があるわけではないんですが、面倒くさがってすぐ決めてしまったのはよくない態度だったかなと思いまして。

次に部屋を選ぶことがあればまじめに決めたいです。あんまりすぐ決めてしまうといい部屋と悪い部屋の区別がつかないですからね。

あのころは不動産の見方についてろくに知らなかったので、いまさらながら考えてしまいます。

まあ引っ越す予定は一切ないので皮算用ではありますけれど。しばらくこの部屋を出ていくことはないでしょうね……。

だからこそ部屋をネットで探したりマンションのチラシを見たりするのが楽しいのですけれどね。これからも楽しく、予定もなく、ネットのお部屋探しサイトを見ようかなと思います。

マンション購入への道のり

先日のこと。仕事から帰ってきた主人の手にはチラシが握られていて、目を輝かせながら今度の土曜日にマンションを見に行こう!と言い出した。

突然どうしたのか聞くと、自宅からの最寄り駅を出ようとした所にマンション業者から声をかけられたらしい。

駅から徒歩5分、100平米もある3LDKで、新築ではないものの築10年程であるにも関わらず新たに完全リノベーションをした物件との事。

自分の今の年収ではとても手が出るような物件ではなさそうです、と主人が言って立ち去ろうとしたところマンション業者の人に年収を聞かれたので、正直言ったら諦めるだろうと思い答えたら、全然余裕でいけます!

と笑顔で即答され、良かったら内覧会にいらして下さい!と押しに押されて断りきれず、次の土曜日に予約を入れて来たと言う通信制高校

頭金も貯まってきたしそろそろマイホームを考えようか~と話していた所ではあったので、これを機に検討しようという事に。

内覧会当日。件のマンションに伺うと、何とも豪華なマンション!30畳を超えるリビング、手洗い場も付いてるトイレ、脱衣場も無駄に広い。

セコムも対応で駐車場には個別の物置があり、マンション住人用の電動機付き自転車が数台ありレンタルが無料で出来るのだと言う。

私達夫婦は舞い上がりに舞い上がった。こんな素敵な物件他にはない!
私達はその場で契約書にサインをして、契約金100万円を支払った。

ただ問題があり、周辺の環境が良くなかった。工場が立ち並びラパチンコ屋も競輪場もあった。来年あたりから子作りもする計画でいて、この環境はどうなんだろう…。

と、時間が経つにつれて思うようになった。
そうは言っても実際に住んでる人は居るし周りにマンションもある。

話し合いに話し合った結果やはり子育てには向かない環境だという事で契約を反故にする事にした。
契約金100万円は戻って来ない…。

私達夫婦にとって100万円はとんでもない大金であるので、無駄に棄てた事にしないよう、何としてでも他に環境の良いマンションを見つけるべく奔走する日々が始まった。

マンション派から戸建て派へ

結婚して賃貸暮らしをして早3年。

家賃9万5千円の我が家。
家賃なんて捨ててる金だ!と言い始めた主人。
そしてマイホーム探しが始まりました。
しかし私はマンション派。主人は戸建て派。
まずはそこから意見が合いません。
そして両方見ようと思い、不動産の友達のお店に行きました。
金額のことやローンのことを聞いて
新築の戸建と中古マンションをいくつか見ることにしました。
中古マンション、築浅ならいいが古いところは作りが古い。
いくらリノベーションしても中は綺麗でも外見が微妙。
これで友達を招待できるのだろうか…
私は考えてしまいました。
そしてマンションでネックなのは管理費と修繕積立金。
車を持っている我が家はそれにプラスして駐車場代。
ローン以外に3万以上かかることを知る。
マンションを買っても資産になるのだろうか。と不安になりました。
いつか売る時売れないのではないのか。シロアリの発生もこわいし。

新築戸建て。やはり新築。
全てが綺麗。中古マンションとは違う。
ただ都内だと隣同士がとても近い。
庭も狭い。
そして我が家の予算だとなかなか駅近に住めない。
ある程度妥協が必要なのは理解しているのに
毎日通勤で駅を使う主人を考えると少し心苦しい。
でも台所やお風呂など広くて気持ちがいい。
マンション派の私がすっかり新築戸建てに魅了されてしまいました。
そして何よりも戸建てを買えば土地が資産になる。
そう考えると戸建てがいいなぁと思ってきました。
我が家の条件が値段、日当たり、広いリビング。月々の返済もマンションと並べて考えて見ると同じ値段でも戸建ての方が素敵な家に住めるような印象です。
ただ子供がいる我が家にとって家も問題ですが人通りも大きな問題。
我が家が大金持ちならここまで悩まずに買えるのかもしれませんが、なかなか住み替えはできないことを考えるととても慎重にならざる負えない。
早く運命を感じるお家に出会えますように。